ご契約の流れ

不動産を買いたいとき

資金計画

ご予算を決めるのにはまず月々の支払いがどれぐらい可能か考えます。

 

自己資金のない方も心配はありません。お客様に合った住宅ローンのアドバイスもさせて頂きます。

 

 

情報収集

 

 

ポイント

 

  • チラシ・ホームページなどでの検索
  • 現地案内所にて現場を見学
  • 当社にお越しいただき希望の条件にあった物件の資料の閲覧
  • 気になる物件はすぐに見学する。

新築物件の場合はお客様のご予算と細かい希望をもとに図面を何度でも書きますのでお気軽に申し出て下さい。

 

 

購入申し込み(買付依頼書)

契約の土地・建物の面積や条件、契約金額、日時を売主に対して意思表示して頂くための申込です。

 

 

売買契約

 

 

重要事項説明

 

 

この重要事項で説明する項目は主に以下の項目となります。

登記簿に記載された権利 都市計画法 建築基準法等による制限
ライフラインと排水 完成時の形状 金銭の授受
損害賠償の予定 手付金の保全措置  
私道負担 契約の解除  

 

また売却する物件がマンションである場合、マンション管理規約に記載された事項

  • 共用部分(専用使用権、使用細則)
  • 修繕積立金
  • 管理費
  • 管理会社の名称
  • 建物修繕の実施状況

もご説明します。

 

 

用意するもの

 

  • 実印
  • 手付金
  • 印紙(売買金額によって異なります。)

 

 

不動産を売りたいとき

ご相談の流れ

まずはお電話・メールでのお問い合わせ下さい。

ご売却物件のご相談と物件価格のご提案

売主様の売却希望額をお伺いさせて頂き、近隣相場、販売事例、建物がある場合は状態(内装・設備・仕様)を考慮し当社からの査定アドバイスをさせて頂き売却金額を決定いたします。

 

 

ご売却のための媒介契約

ご売却を決められたら、お客様(売主様)と当社の間で売却依頼の契約を結びます。

 

専属・専任・一般媒介のいずれかを選んで頂きます。

 

 

物件資料の収集

ご売却のご依頼を頂きました物件の資料の収集を当社にて致します。

 

内容:謄本、公図、測量図等の取得、用途地域、接道種類、各種配管等の調査

 

 

売却活動ご報告

 売却活動(売却物件のチラシ成作、毎週の新聞折込チラシ配布、不動産流通機構の登録、必要により看板設置、インターネット広告、ポスティング

 

 

ご報告

 問い合わせ状況や対応の経過報告を致します。

 

 

お申込

 購入希望者より購入申込書を頂きます。売主様のご承諾後売買契約に移ります。

 

 

不動産売買契約

契約書に記名押印して頂き、手付金を受け取ります。

 

 

契約物件の引渡し準備

ご売却物件に抵当権等が付いている場合は抹消手続きの準備を行い、残金の受領日までに引越しが出来れば引越しの準備をします。場合によっては、残金受領後の引越しも可能です。

 

 

お取引

残代金の授受、鍵の引渡し、物件の引渡しとなります。